【Unity2D】カメラのPosition.zをマイナスにするわけ【Camera】

analog camera antique cameras close up Unity
Photo by Adrianna Calvo on Pexels.com

タイトルの通り、Unity2DでなぜカメラのPosition.zをマイナスにしているかです。
もし普段からマイナスにしていなかったら申し訳ないです。

私はこのように-10くらいにしています。
なんで-10なのかは分かりませんが、Unity関連の本でそう覚えたのかも…?
デフォルトで-10だったかもしれないです。

とりあえず、通常時にはこんな感じです。
次に、画像の矢印のところにある2Dのボタンを押します。

すると…

なんと、このようになっていたのです!!

こんな感じで手前から映している形になっています。
因みに、カメラのPosition.zの値を-5とか-1とかにしても映る範囲は変わりませんでした。

では、正の数にしてみます。

じゃん!!

このように前に出てしまい、カメラプレビューも真っ青です。
以上がカメラのPosition.zをマイナスにする理由でした。

間違って2Dボタンを押さなきゃ仕組みに気が付きませんでした…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました